レーシック手術というのは角膜屈折矯正手術です。このレーシックという手術はレーザーによって角膜を削る作業をするので、繊細な作業を要求される手術となっています。レーシック手術はこのような繊細な手術をするのでもちろんリスクも伴う手術となります。

ではレーシック手術には失敗があるのでしょうか、という質問にお答えするとなれば、失敗はもちろんあります。それはレーシックに限らず手術というものに関しては100パーセント安全というものはあり得ないからです。そしてレーシックというのは、目を手術するものですから、失敗となると大変な自体という感じがしますが、実際には失明などの危険は、ほとんどありませんので安心して下さい。

レーシックでの失敗というものは感染症や後遺症などの部類になります。ですからレーシックでの失敗は「失明」というような一生が台無しになるようなものではほとんどありません。例えば感染によっての角膜炎や、後遺症としてドライアイやまぶしさを感じたり他には乱視などの症状が現れたりします。しかしこれらの症状は、徐々に目薬や、時間の経過などによって改善されていきます。

ですからレーシックの手術をすることによって今の所は一生を作用するような失敗というものは無いのです。レーシックの手術の成功率は100パーセントではありませんが、このようにごくたまに、目にあわなかったり、痛みを感じたりと簡単な後遺症を感じたり、感染症などにかかったりもあります。

徐々に治るものですが、手術をする場合はキチンと病院の話を聞いてリスクを理解した上で手術を受けることが良いでしょう。

関連ページ